トイレからの水漏れのときにやらなければならないこと

トイレからの水漏れのときにやらなければならないこと トイレで水漏れが発生したときは、まずタンクの給水管についている止水栓を止めます。とりあえず一刻も早く水を止めて、床や下の階への被害を食い止めるのが先決です。部品の緩みやパッキンの劣化など、軽微なトラブルが原因であることが多いため、業者を呼ぶ前に一度確認しておきましょう。



■まずは原因を突き止める

最初にすべきことは、発生場所を突き止めることです。その箇所にはおおよそのパターンがあります。
給水部分では、止水栓や給水管とタンクのつなぎ目を確認してください。ここに組み込まれているパッキンは年月とともに劣化するため、定期的な点検が必要です。便器の下の部分から漏れている場合は、便器につながっている排水管 水漏れが考えられます。接合部分はパテで塞いでありますが、長期間経過すると劣化していきます。
もし漏れている箇所がわからない場合は、便器の水に色を付け、床に色のついた水が流れてこないか確認しましょう。このとき後から落とせない着色料は使用を避けてください。ウォシュレットの場合は、ノズルや便座の脇が濡れていないかを確認します。もし濡れていれば、感電の恐れがありますのでウォシュレットの電源プラグを抜きます。目に見える範囲に発見されず、タンク内で水が流れる音が止まらない場合はトイレタンク内に原因があるかもしれません。

■給水管からの水漏れ
壁面や床面からタンクへとつながる給水管は、大体15年ほどが耐用年数とされています。それ以上使用していて配管自体に原因がある場合は業者を呼んで交換しなくてはなりません。ですが、原因がナットのパッキン程度であれば自分でも交換作業ができます。
まず完全に水を止めてから、モンキーレンチを使って接続部のナットを外します。このときタンク内部の部品も動きますので、片手で押さえながらナットを緩めていきます。配管内には水が残っていますので、必ず下にバケツなどを置いておきましょう。ナットを外したら中のパッキンを取り出し、新しいものと交換します。パッキンはホームセンターで売られていますが、さまざまなサイズのものがありますので、あらかじめ定規で直径を測っておきましょう。交換が終われば緩めたときと逆方向にナットを締めてもとに戻します。締め方が弱いとそこから水が漏れてきますので、しっかりと締めてください。それでも水漏れが止まらなければ、原因は別のところにありますので水道業者にお願いしましょう。

■床と便器の間から漏れてくる場合

排水管と便器はフランジという部品で繋がっています。これが劣化している場合、自力での取り換えは非常に困難です。止水栓を閉めてから、レバーを何回か回してタンクを空にしておきます。便器に残った水も手動のポンプなどを使って便器内に水が一切残らないようにします。ここに溜まった水は汚水ですので、衛生面にも十分配慮して作業を行ってください。フランジを固定するボルトと便器を床に固定しているビスを取り外して、タンクごと持ち上げます。大変重量がありますので、2人以上で持ち上げてください。フランジが見えたら古いパテをマイナスドライバーで削って新しいパテで溝を埋めます。そして便器を下ろすのですが、床のボルトと便器のボルト穴をピタリと合うようにそっとおろします。あとは外したときと逆の順番で便器を固定するビスやフランジ固定ボルト、給水管を取り付けていきます。最後に止水栓を開けて排水しても水がもれなければ完成です。汚水がこぼれてしまう危険もあり、労力的にも大変な作業ですのでくれぐれも無理はしないようにしましょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、原因によっては素人でも30分程度で修理できるものも多いのですが、大抵は工具や部材が揃っていない場合が多いので水道業者に任せたほうが安全で安価になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース