トイレのウォシュレットが水漏れしたとき

トイレの機能の一つであるウォシュレットは、水回り関係の製品であるとともに家電製品でもあります。寿命が短いわけではないものの、水漏れをしてしまうと故障してしまう可能性も高くなってしまいます。本体以外にも給水ホースの接続部や水量を調節するための部品など、水漏れを起こす箇所が複数考えられるため、それぞれで適切な対処を心がけましょう。

■水漏れしてしまう原因

ウォシュレットの水漏れは本体が経年劣化したことによる故障をはじめ、本体へ水を送る給水パイプの故障など様々な原因が考えられます。放置し続けると、便器内での水漏れだけではなく、トイレ全体から水漏れしてしまう可能性があります。そうすると床や壁を腐食させてしまったり、カビが発生してしまったりします。そうならないためにも故障している箇所を確認し、修理をしておきましょう。
本体部分は様々な部品がついていて、部品同士のつなぎ目の部分、シャワーを出すノズルの部分が原因になりやすいです。部品の亀裂や劣化に十分注意を払いましょう。あまり知られていないものの、フィルター部分につまりが起こっていることもあります。水中のゴミを一か所に留めておく役割があるので、長年掃除していないのであれば一度溜まっているゴミを取り除きましょう。

■水漏れの起こさないためにも

ウォシュレットは水道と電気の両方を使用するので、電気の部分に湿度などの負荷をかけ続けていると劣化が早まることもあります。部品が劣化して水漏れが発生したときも、本体そのものの交換が必要になることもあるので、日々の扱いが重要になります。
まず、湿度が高すぎるのは良くないので、こまめな換気を心がけましょう。これは機械の部分を保護するだけでなく水回り部分のカビを抑制する効果もあります。通常使用する際には通気性を良くするだけで構いませんが、長期間家を空ける際に万が一湿気が溜まる可能性があるのであれば、換気扇を動かしておく、電源プラグを抜いておくなど対策を施しておきましょう。
また、水回り部分をこまめに清掃しておくのも効果的です。ノズルがつまると故障の原因にもなりますので清掃は大事です。ノズルの清掃用のスイッチが付いていることもあるので、簡単に清掃できます。それでも取り切れなかった汚れは中性洗剤を含ませた布で拭き取ることで綺麗にできます。なお、洗浄機能がついていない機種であれば、ノズルは引き出すことができるので自力で清掃しましょう。

■まとめ
ウォシュレットの不具合は自分でも対処できる場合もありますが、専門家に任せることで復旧までの時間を短縮できます。特に部品交換など厄介な場合が多いので困ったらまずは修理業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ