トイレタンクの手洗いから水漏れがする場合

トイレのタンクの上に付いている手洗い管は手を洗うためにも使われますが、実は本来、使用したタンクの水を補充する役割を持っています。そのためもし手洗い管から水漏れが続いていたり、逆に水が出ないのであれば、タンクの給水装置が故障している可能性を疑いましょう。

■手洗い管のトラブル

水が出ない状態であれば、壁や床からタンクに伸びている水道管の止水栓の開閉具合を確認します。なにかトラブルが起きて水を止めたあと、締めたままにしてないか見ておきましょう。次にトイレタンクの蓋を開けて、中の浮き球を確かめます。浮き球は給排水の調整をする役割を持っていて、既定の位置より下にあるときに給水がなされます。逆に言うと水を流しているのに位置が下がらないなら、栓がされていることになり水が流れません。また、手洗い管につながるゴムホースに亀裂が入っているときなどは水が管まで上がらないので注意が必要です。
この2点に問題がないときは、ボールタップの経年劣化が原因かもしれません。水が出続けているなら、タンクのレバーと浮き球をつなぐチェーンを見てみます。レバーを操作すると浮き球が動き、水が出る仕組みとなっていますが、そのチェーンが絡まることによって、浮き球が上下していないかもしれません。

■トラブルの対処方法

水のトラブルは止水栓の確認から始めますが、この止水栓は時計回りで締まるようになっています。反時計回りになると開くので、水が出ないならばマイナスドライバーを用いて反時計回りに捻ってみましょう。止水栓がすでに開いているのなら、一度止水栓を締め、水を流してタンクを空の状態にします。そのあとタンクの蓋を開けて、中の部品がどうなっているかを見ていきます。ホースやその周辺に水垢があれば、それが詰まっていることもあるので、取り外して洗浄します。ホースが破損しているなら交換が必要になります。さらに、浮き球が動かないなら汚れを落としたりチェーンの具合を見てみます。
逆に水が流れ続けている、というときも蓋を開けて中を見るので、止水栓を締めてタンク内の水を出し切ってください。蓋を開けたらまずはチェーンの状態をチェックします。少したるんでいるくらいがちょうどよいのですが、絡まるなどして短くなっている場合は解いておきましょう。

■まとめ
一通り対処を行っても症状が変わらない、対処する部品がないという場合は、水漏れ 修理の会社に連絡を入れてください。また、タンクの蓋は陶器製で大変重いので持ち上げる自信のない方は下手に動かして割ってしまう前に修理会社に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ