トイレタンク自体の水漏れの場合

使用していないときにトイレのタンクから水音がする場合には、内部で水漏れを起こしている可能性があります。タンク内には、容量以上に水が入り込むと下水に流すための管が入っているため、このような水のトラブルが発生していたとしても見た目ではわからないのです。もし不審な水音がするようであれば、一度トイレタンクの蓋を開けて内部を確認してみましょう。

■タンク内部を確認する

内部で水漏れが起こるときには次の3つの部品のうち、どれかが関係しています。給水側のボールタップに排水側のフロートバルブ、そしてタンク中央に立っていて余分な水を外に流すサイフォン管です。
まず蓋を開けた時にサイフォン管に水が流れ込んでいるかを確認します。この管は前述の、容量以上の水を排水するためのものです。ここに水が流れ込んでいたら、ボールタップが閉じないことによって水が入り続けているということです。部品さえあれば自分でも修理は可能ですが、どれを選べばよいのか、どうやって交換するかは難易度が高いのでなるべくなら修理業者に依頼するようにしましょう。
管まで水が届いていなければフロートバルブがうまく閉じていない可能性があります。トイレの水が流れたまま止まらない場合はまず間違いありません。これゴム製の栓で、水の中に浸かったままになるため早く消耗してしまいます。種類が少なく構造も簡単ですので自分で修理が可能です。念の為タンクの水を抜いてみて、フロートバルブがきちんと閉じているようならサイフォン管に亀裂が入っている可能性があります。タンクの中は掃除しないほうが良いとされていますが、誤って掃除中に力を加えたりなどして亀裂が入った場合、水漏れの原因となります。これは個人では交換できませんので業者にお願いしましょう。

■フロートバルブの交換方法

まずは一旦水を抜いてみてフロートバルブの形状を確認してください。現在使用されているのは2種類で、半球形で2本のゴム足が付いているものと、球形で白い棒が付いているものです。
半球形のものであればゴム足をサイフォン管から外すだけですので簡単に交換できます。球形の場合はフロートバルブを片手で潰しながら、上部にある輪に当たらないよう斜めに引っ張って外します。その後、同じ手順で新しいものを取り付けます。このとき排水口中央にある小さな穴に白い棒が入るようにしてください。どちらも作業中にサイフォン管に力を加えると根本から折れてしまう危険性があるため、慎重に作業しましょう。

■まとめ
こういったトラブルは長く使っていればいつ発生してもおかしくない症状です。日常から異音が発生していないか確認する癖をつけることでまずは余分な水道代がかからないように気をつけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ